TATSUYA UNIT PROJECT Live at 町田NOISE



お席予約はこちら

先日軽井沢公演を好評に終わらせたTATSUYA UNIT PROJECT いよいよ都内のライブです! 前回最大人数を更新したばかりですが、さらに!人数を増やしパワーアップしました!! 

2ステージ全編オリジナルソングという挑戦的な内容ですが、聴きやすく印象に残る曲が多いと思います!満足していただけるはずです!! 軽井沢公演の動画も併せてご覧くださいね!


今回のメンバーですが、ピアノに横濱JAZZ PROMENADEやさいたま新都心JAZZ DAYにも出演し、数々の老舗JAZZ Bar で活動を展開、スタンダードやオリジナルを織り交ぜた繊細な演奏で魅了するharupii。

プロフィール

神奈川県鎌倉在住のジャズピアニストとして演奏活動中。

幼少よりクラシックピアノを学ぶ。

河野祐亮氏に指導を受けジャズを学ぶ。

現在はピアノトリオ"harupii trio"として活動する他、ソロライブ、他ジャンルのバンドサポートを行う等、幅広い活動を行なっている。

横濱JAZZ PROMENADEやさいたま新都心JAZZ DAYにも出演。

時に繊細で時にジャジーなフレージングで、楽しさや感動を共感できるステージを展開。

軽井沢公演から引き続きベースにはセンス溢れるベースラインともうなんとも言えない良い音!!で弾きまくる(本当に一度聴いて欲しい。彼のバンドLibreも聴いてくださいね!)坂下嵩。

プロフィール

1998年12月2日生まれ。19歳。神奈川県横浜市出身。幼少期にピアノを習う。 2011年、中学校の吹奏楽部でコントラバスとエレキベースを担当。 家族の勧めで東京事変を聴き、ベーシストになる事を決心する。 2014年、高校では軽音楽部でエレキベース、ドラム、部長を担当。 気まぐれで買ったQueen、Red Hot Chili PeppersなどのCDに衝撃を受け、彼らのルーツで ある70~80年代のブラックミュージックに影響を受ける。 2017年、日本工学院八王子専門学校入学。 ミュージックアーティスト科プレイヤーコースでベースを専攻。 オリジナルバンド「Libre」を結成し、それをきっかけに編曲を始める。ブラックミュージ ックを中心に様々なミュージックエッセンスを融合させた音楽を演奏する。2018年9月よ り1st EP 「Libre」発売中。 クラシックの経験も活かし、ロック、ジャズ、ポップスなど、ジャンルを問わずサポート ミュージシャンとしても活動中。

こちらも軽井沢公演に引き続き安定感と時には熱いプレイを魅せ、ナイスな人柄でバンドを支えるドラム中晨吾。

プロフィール

中 晨吾(なか しんご)

1992年7月18日生まれのパーカッショニスト/ドラマー。ラテンパーカッションを伊波淑、ドラムを海老沢一博に師事。中学で吹奏楽部に入部したことがパーカッションとの出会い。高校の吹奏楽部に入部した際にビックバンドジャズ、ラテン音楽に魅了され、音楽の道へ進むことを決意する。高校卒業後に「伊波秀進&ザ ビッグバンドオブローグス」に入団。2017年からは某テーマパークでの演奏を中心に、様々なサルサバンドで活躍。その他、大学時代に学んだ経験を活かし、学生吹奏楽や小学生など若い世代にラテン音楽の魅力を伝えている。最近では、ポップスなどの分野で活躍が増え、幅広い音楽活動を行っている。自分のサルサバンドを持つこと、ラテン音楽をメインに使ったショーを作ることが夢。

そして今回初共演となります、フルート立川沙紀。ラテンバンドEgungun Oya でも活躍し、澄んだ音色と曲調に合わせて自在にシフトすることができるニュアンスが個人的に武器だと感じております!なにより演奏してるのが楽しそう!

プロフィール

国立音楽院プロミュージシャン科を卒業。フルートを五十嵐宏子、赤木りえ、ジャズ理論を三木俊夫、Jonathan Katzの各氏に師事。所属するラテンバンドEgungun Oyaは桜木町駅前ライブで観客270人を動員し、2018年本牧ジャズフェスティバルに出場。また演奏業界では超難関で有名なカデンツァ・オーディションに合格し、プロデビューを果たす。輸入車ショールームや、ラグジュアリーホテルでの演奏を担当。

、、、というメンバーでお送りします!!

是非是非遊びに来ていただけると嬉しいです!! よろしくお願いいたします!!

TATSUYA UNIT PROJECT Live at Coffee & Jazz Noise

Start 1st Stage 18:00 2nd Stage 19:10

Music Charge $Tip

Gt.平栗達也

Pf.harupii

Ba.坂下嵩

Drs.中晨吾

Fl.立川沙紀


0回の閲覧