New York公演を終えて




7月22日、7月24日とニューヨークブロードウェイでの本番が終了いたしました!

とにかく現地に着いてからは打ち合わせからのリハーサル、そして修正してまたリハーサルということを繰り返し重ねていきました。演奏者として参加する他、サウンドトラックの作成も担当していたのでミュージカルの要とも言える音楽部分の半分を任されていました。重責でしたが、無事に公演を終了することができました!


今回はピアノMinaさんと協力してサウンドを作り上げていきましたが、この方はなんと僕の最初の師であり僕の音楽の原点、基礎をつくりあげてくれた張本人なのです!おそらく彼女なしには音楽をやっていたかどうかも定かではないと言っても過言ではないと思います!

Minaさんはニューヨークを活動拠点としており僕は十数年ぶりに再会するわけですが、なんだか十数年の時間を感じず、仕事を共に行うことができました!

さらに、今回のオープニングアクトでは僕のオリジナルソングを演奏することができました!

ニューヨークに来てからのインスピレーションを得て作った新曲、『Beyond the Sky』と様々な場所で演奏している『Bouquet』そして久々の演奏『I don't need map』の3曲です!

ミュージカルという総合芸術の舞台の音楽というとても大きな役割に携わることができて、とても勉強になることが多くありました。そしてそれは新たな経験となり、これからの自分の活動の大きな1歩となりました!

Minaさんや、ミュージカルのアクターのみなさん、Kraine theaterのオーナーさん、The Word Voice Ensembleの皆様。そしてお客様のみなさん。貴重な機会を与えてくださり、共に本番の時間を過ごせたことに感謝いたします。本当にありがとうございました。


12回の閲覧